読み込み中…

鳥取相続遺言相談センターの
相続手続きに関する相談事例

鳥取の方から遺産相続についてのご相談

2022年09月02日

先月夫が亡くなりましたが、遺産相続についての知識がなく困っています。行政書士の先生に手続きの流れを教えてもらいたいです(鳥取)

私は鳥取に住む60代の主婦です。遺産相続の手続きについて何から始めてよいのか分からないので、ご質問させてください。

ひと月前に10歳年上の夫が亡くなりました。今までさまざまな手続きというものを夫に任せていたので、自分自身で遺産相続ができるのか自信がありません。頼みの綱である娘たちも鳥取からはなれた場所に住んでいるため、私が行わなければ進まないでしょう。

取り急ぎ、預貯金の手続きをしようと銀行に問い合わせたところ、夫の口座が凍結されてお金を引き出すことはできなくなりました。生活費の管理は夫が自分の口座で行っていたため、このままの状態が続けば私の生活も苦しくなってしまいます。

銀行から手続きのために必要な書類を受け取りましたが、知識不足でどのようにそろえて良いのかもわかりません。専門家の先生に遺産相続の手続きについて教えてもらえないでしょうか(鳥取)

 

はじめて行う遺産相続の手続きに戸惑われる方はたくさんいらっしゃいます。ぜひご相談におこしください。

鳥取相続遺言相談センターにお問い合わせいただきありがとうございます。ご主人様がお亡くなりになり、さまざまな手続きをこなさなければならず、カ大変なことかと思われます。ぜひ遺産相続の手続きについては、専門家にご相談ください。取り急ぎ、遺産相続の手続きの流れについてご説明いたします。

まずはじめに遺言書の有無をご確認ください。遺言書が遺されている場合にはその内容を優先して手続きを行うことになります。

遺言書が見つからなかった場合、遺産は相続人全員で話し合いをしてどのように分けるかを決めることになります。そのためまずは相続人調査からはじめましょう。相続人を確定するには、ご主人様の出生から死亡まで連なる戸籍一式の用意が必要です。各自治体に問い合わせ、すべての戸籍を集めるには一般的に1~2カ月程度の時間がかかります。

戸籍収集がある程度行われたら、相続財産の調査も並行して行います。遺産の内容によって調査するものも異なりますが、通帳の記載や残高証明書、不動産の登記事項証明書、固定資産税の納税通知書等を集め、遺産の全体像が分かるように財産目録としてまとめておきましょう。

前述の調査が完了したら、相続人全員で遺産分割協議を行います。法定相続分は民法で定められていますが、基本的に遺産は相続人全員が合意すればどのような割合で分割しても自由です。今回のケースではご相談者様とお嬢様たちが法定相続人となるため、連絡をとって話し合う機会をもうけてください。遺産分割の内容がまとまったら、遺産分割協議書という書面を作成し、相続人全員で署名と押印を行います。

最後に遺産分割協議書と収集した戸籍謄本を提出し、不動産の相続登記や金融機関の名義変更手続きを行って、遺産分割の手続きは完了です。

 

鳥取相続遺言相談センターでは、鳥取の皆さまからの遺産相続のご相談について初回無料相談を実施しています。さまざまな相続手続きを相続の専門家が全力でサポートいたします。何から手続きを始めてよいのかわからないといった質問でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。鳥取の皆様のご来所を心からお待ちしております。

鳥取の方より相続についてのご相談

2022年08月03日

行政書士の先生にお伺いします。相続手続きをしたいのですが、預金があるはずの口座の通帳が見当たりません。(鳥取)

鳥取に住む父が亡くなりました。現在、母と弟と三人で相続手続きを進めていますが、父の退職金が入っているはずの口座の通帳とカードが見当たあらず困っています。母の話では、退職金には手を付けていないとのことなので口座にそのままになっているはずです。銀行の検討はついていますが、いくつか口座をもっていた可能性もあるため、銀行にどのように問い合わせたらいいのかわからずにいます。口座の名義人ではない私たちが、銀行へと問い合わせをしても内容を聞くことができるのでしょうか。(鳥取)

相続人であることを証明する戸籍を用意して銀行へ残高証明書の発行を依頼しましょう。

まずは、お父様が遺言書や財産の内容についてまとめたものを残していないかを確認しましょう。同居をしていたご家族でも通帳や残高の管理までをすべて把握しているということは稀ですので、遺品整理とともに口座のメモや銀行からの郵便物などがないかを確認します。メモも郵便物も手掛かりになりそうなものが無い場合は、自宅や会社近くの銀行に直接問い合わせてみましょう。

郵便物やメモなどからあらかたの銀行が判明したら、銀行へと残高証明書の発行を依頼します。相続人は、銀行に対して故人の口座の有無、また口座の残高証明や取引履歴などの情報開示を請求することができますので、ご自身が相続人であることを証明する戸籍を一式揃えて銀行へと問い合わせをしましょう。

今回のような故人の所有していた財産がはっきりわからず手続きができないといった場合、ご自身で手続きを進めていくには多くの時間と手間がかかります。また思うように手続きが進まずに、ただ時間だけが経ってしまった、といったことにもなりかねません。ご自身での調査は難しいという場合には、早めに相続の専門家へと相談をしましょう。鳥取相続遺言相談センターでは、相続の専門家が初回の相談から皆様のお困り事に親身に対応をいたします。戸籍の収集から、財産の調査、その後の手続きに関してもサポートをさせていただきます。

まずは、当センターの無料相談へとお越しいただき、現在のお困り事をお聞かせください。地元鳥取の方より多くご相談を頂いておりますので、安心してご来所ください。鳥取のみなさまの相続に関するお困り事は、 鳥取相続遺言相談センター へとお任せください。

鳥取の方より遺言書についてのご相談

2022年07月01日

行政書士の先生、父が書いたと思われる遺言書はその場で開封しても良いのでしょうか(鳥取)

鳥取のマンションで母とともにセカンドライフを楽しんでいた父が、先日亡くなってしまいました。葬式は住み慣れた鳥取のマンションでしめやかに行い、母の気持ちが落ち着いた頃合いをみて家族全員で遺品整理に取りかかりました。
鳥取のマンションはそれ程広くないのであっという間に遺品整理は終わったのですが、その最中に発見して驚いたのが、父が書いたと思われる遺言書の存在です。
一緒に暮らしていた母も遺言書を残していたことを知らなかったようで、すぐに中身を確認したい気持ちに駆られました。ですが遺言書には封印がしてあったので、ひとまず専門家に確認してみようと思った次第です。
鳥取のマンションで発見された父の遺言書は、その場で開封しても良いものなのでしょうか?(鳥取)

お父様が書いたと思われる遺言書を開封するには、家庭裁判所の検認手続きが必要です。

今回、鳥取のマンションで発見された遺言書はお父様が書いたと思われるようなので、「自筆証書遺言」で作成した遺言書だと考えられます。
遺言者自身で全文・作成日・氏名を書き、押印をして作成する自筆証書遺言は、家庭裁判所の検認手続きを完了してからでないと開封することはできません(法務局の保管制度を利用していた場合は除く)。
遺言書の内容を確認しないことには相続手続きを進めることはできませんので、まずは遺言者(お父様)の最後の住所地を管轄区域とする家庭裁判所で検認手続きの申立てを行いましょう。

なお、ご家族のどなたかが自筆証書遺言で作成された遺言書を勝手に開封した場合は、民法の定めにより5万円以下の過料に処されることになるので要注意です。

検認手続きは申立てをした日ではなく、家庭裁判所から通知される検認日に行います。その日に遺言書を持参し、裁判官によって行われる開封・検認に立ち会います。申立人以外の相続人の出席は任意であり、全員がそろっていなくても遺言書の検認手続きが中止されることはありません。
検認手続きが終わった遺言書の内容を執行するには「検認済証明書」が必須となるため、忘れずに申請・発行してもらいましょう。

被相続人が残した遺言書があると、遺産分割だけでなく相続手続きもスムーズに進めることができます。しかしながら遺言書の内容通りに各種手続きを進めるには専門知識を要する場面も多く、相続人だけだと思った以上に時間や手間がかかってしまうことも珍しくありません。
遺言書を開封したもののご自分たちの手に負えないと思われる際は、相続・遺言書作成を得意とする鳥取相続遺言相談センターの行政書士にご相談ください。

鳥取相続遺言相談センターでは鳥取や鳥取周辺の皆様の頼れる専門家として、相続・遺言書作成に関するお悩みやお困り事の解決を全力でサポートしております。
鳥取の皆様はもちろんのこと、鳥取で相続・遺言書作成の相談や依頼のできる事務所をお探しの皆様、まずはお気軽に鳥取相続遺言相談センターの初回無料相談をご活用ください。

鳥取の方より相続に関するご相談

2022年06月01日

相続手続きで必要となる戸籍について、行政書士の先生に教えていただきたいです。(鳥取)

行政書士の先生、はじめまして。相続のことでわからないことがあり、ご相談させていただきました。
先日のことですが、鳥取の病院に入院していた父が亡くなりました。すでに母は亡くなっていて、相続人は私ひとりです。父から生前に鳥取の一軒家と数千万円が入った預金口座があることを聞いていたので、まずは預金口座の手続きから済ませてしまおうと銀行の窓口を訪問しました。

窓口に自分の現在の戸籍と父の死亡が確認できる戸籍を提出したところ、「これだけでは手続きできない」といわれてしまいました。このままだと相続手続きが滞ってしまいますので、他にどのような戸籍を用意すれば良いのか教えていただけると助かります。(鳥取)

相続手続きで必要となるのは、お父様の出生から亡くなるまでの全戸籍謄本です。

戸籍とひと口にいいましてもいくつか種類があることから、どのような違いがあるのかと混乱される方も少なくありません。相続手続きで必要となるのは基本的に以下の戸籍ですので、覚えておくと良いでしょう。

  • 被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本
  • 相続人全員の現在の戸籍謄本

戸籍には両親や兄弟姉妹の氏名、結婚、子の出生、死亡日等の身分事項が記載されており、出生から亡くなるまでの全戸籍を収集することにより、被相続人にご相談者様以外の相続人がいないかどうかを確認することができます。
ご相談者様の知らないところでお父様が養子縁組や子の認知をしていた場合にはその方にも相続権が生じるため、早急に取得して相続人を確定させておくことをおすすめいたします。

戸籍は役所にて取得することになりますが、出生から亡くなるまでのものを揃えるとなるとかなりの時間と手間を要することになります。なぜなら、転居や結婚等により複数回転籍しているのが普通であり、戸籍を置いていたすべての役所からそれぞれ取得しなければならないからです。お父様の戸籍が鳥取から離れた場所にある場合には、平日に直接足を運ぶのも一苦労だと思われます。

今回、相続人となるのはご相談者様おひとりとのことですので、ご自分だけで相続手続きに必要な戸籍を収集するのが困難だと思われる際は、相続を得意とする専門家に依頼するというのもひとつの方法です。
その際は鳥取の皆様の相続手続きを多数サポートしてきた実績のある、鳥取相続遺言相談センターの行政書士にぜひともお任せください。

鳥取相続遺言相談センターでは知識・経験ともに豊富な行政書士による初回無料相談を設け、鳥取の皆様の相続・遺言書作成に関するお悩みやお困り事を詳しくお伺いしております。そのうえで最適な解決案をご提案させていただきますので、どんなに些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。
鳥取相続遺言相談センターの行政書士ならびにスタッフ一同、鳥取の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

鳥取の方より相続に関するご相談

2022年05月06日

行政書士の先生にお伺いします。妻が先月亡くなり相続手続きを進めていますが、知識がないため手続きが滞っています。(鳥取)

鳥取で一緒に生活をしてきた妻が先月亡くなりました。突然のことでしたので葬儀の準備に追われ、ひと段落ついた今、これからどうしたらいいのだろうかと途方に暮れています。役所や銀行への相続の手続きが必要であることはわかっているのですが、知識もなくはじめてのことで何から手を付けていいのか分かりません。妻には妻の親から相続したアパートがあり、その手続きに関しても知識がありませんので、行政書士の先生に相続手続きについて教えていただきたいです。(鳥取)

相続手続きには種類が多くあり、期限のきまっている手続きもあります。ご不安な場合は、ぜひ専門家へと相談しましょう。

相続手続きでまず行うことは、亡くなった方が遺言書を残しているかどうかを確認することです。今回のケースでは、奥様が亡くなられたのは突然のことだったので遺言書が残されている可能性は低いと思われますが、遺品整理をする際に必ず遺言書を探しましょう。遺言書があった場合は、基本的に遺言書の内容が法定相続よりも優先されるためです。

遺言書がなかった場合は、戸籍を揃えて法定相続人を確定します。亡くなられた方の出生から塩亡までの一連の戸籍を揃えて、その内容より法定相続人を確定します。相続人の戸籍も、相続手続きの際に必要となりますので、被相続人の戸籍とともに相続人の現在の戸籍も収集しましょう。

続いて、被相続人の所有していた財産について調査をします。ご自宅が亡くなられた方名義の場合、その不動産の登記事項証明書、固定資産税の納税通知書、銀行の通帳などを揃えて確認をします。これらの資料をもとに、相続財産の目録を作成します。目録は相続財産を一覧にしたもので、これにより相続人が相続する財産の全体像が一目でわかるようになりまうす。

上記の資料がそろったら、相続人全員で遺産分割協議を行い相続財産を誰がどのように相続するかの話し合いを行います。これらの分割方法が決定したら、その内容を遺産分割協議書に記載し、相続人全員で署名・押印をし遺産分割協議書を完成させます。この遺産分割協議書は、不動産の名義変更の際に必要となります。また、金融機関での相続手続きの際にも必要となりますので、慎重に作成する必要があります。

鳥取相続遺言相談センターでは、相続の専門家として鳥取の皆様からのご相談に対応しております。相続人が多そう、相続財産に不動産が多くあるケースや、金融機関への財産調査のお手伝いもしておりますので、鳥取で相続の専門家をお探しでしたら是非当センターの無料相談をご利用ください。相続手続きに関する経験豊富な専門家が、皆様のお困り事に親身に対応いたします。

相続手続きについて知る

お手続きの方法や内容を相続に不慣れな方でも分かりやすいよう、ご説明させていただきます。

知っておきたい相続の基礎知識

鳥取相続遺言相談センターの
無料相談のご案内

STEP
1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご都合の良い日時をお伺いいたしますので、お客様の予定をお聞かせください。ご相談は事前予約制とさせていただいております。

STEP
2

スタッフが笑顔で対応させていただきます。

スタッフ一同が笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合はご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。

STEP
3

お客さまのお困り事をお聞かせください。

90分~120分ほどのお時間をご用意しておりますので、現在のお困り事、心配事をゆっくりお聞かせください。面談の中で、費用についての説明も丁寧にさせていただいております。

鳥取相続遺言相談センターの
初回相談が無料である理由

鳥取相続遺言相談センターでは、初回のご相談を無料でお受けしております。これは、相続に不慣れな皆様に、気軽にお困り事を相談いただきたいと考えているからです。

無料相談は、90分~120分ほどの中でお困り事をお聞かせいただき、それについて相続の専門家が適切なお手続き内容をご案内いたします。

鳥取市エリアの相続の専門家として、皆様に寄り添ったお手伝いを最後までさせて頂きますので安心してお任せ下さい。

鳥取市を中心に
相続・遺言のご相談ならお任せください!

お電話でのご予約はこちら 鳥取市近郊の相続・遺言ならお任せください! 0120-897-222 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ